空自那覇基地、第304飛行隊創隊40周年記念行事を実施 1月27日

空自那覇基地、第304飛行隊創隊40周年記念行事を実施 1月27日

ニュース画像 1枚目:第304飛行隊 創隊40周年記念行事
© 航空自衛隊 那覇基地
第304飛行隊 創隊40周年記念行事

航空自衛隊那覇基地は2018年1月27日(土)、第9航空団第304飛行隊の創隊40周年記念行事を挙行しました。記念式典は、304飛行隊出身隊員が多数出席し、基地司令や初代隊長からの祝辞が述べられ、書道家の金森江仙氏と南西航空音楽隊とのコラボレーションが披露されました。

第9航空団第304飛行隊は、1977年に航空自衛隊で4番目のF-4EJ飛行隊として築城基地の第8航空団隷下に新編された部隊です。2016年から、那覇基地に新編された南西航空混成団の隷下に編入され、2017年7月には南西航空方面隊隷下の飛行隊として、南西地域での防空態勢の充実をめざしています。

現在、運用する機体はF-15J/DJとT-4で、部隊マークは、英彦山にすむと伝えられる天狗がデザインされています。304飛行隊は、F-15J戦闘機「42-8947」に40周年を記念する特別塗装を施し、胴体上部に「40th Anniversary」と共に部隊マークの天狗が大きく描き、2017年12月に開催された「美ら島エアーフェスタ2017」でも披露しています。

期日: 2018/01/27
この記事に関連するニュース
メニューを開く