ハワイアン航空、州内の航空貨物輸送を開始へ ATR-72-200Fで | FlyTeam ニュース

ハワイアン航空、州内の航空貨物輸送を開始へ ATR-72-200Fで

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

ハワイアン航空は、ハワイ州内の航空貨物定期便の運航を2018年3月ごろにも運航開始する予定です。Air Cargo Newsがハワイアン航空の担当者談として伝えています。

ハワイアン航空はATR-72-200Fを使用して貨物便を運航する予定で、すでに機体記号(レジ)「N811HC」が引き渡しされており、FlyTeamメンバーからも投稿が寄せられています。さらに「N810HC」も貨物機となる予定で、エンパイア・エアラインズが「オハナ・バイ・ハワイアン」のブランドで運航します。

このATR-72-200Fは、LD-3と互換性のある8パレット搭載でき、ハワイアン航空は保有するA330-200に積み替えし、ハワイ州内だけでなく、ハワイ各地から就航する国際線やアメリカ本土路線の機材に搭載、輸送が可能です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加