ジェット・エアウェイズ、LCCブランドをジェットコネクトとして統合 | FlyTeam ニュース

ジェット・エアウェイズ、LCCブランドをジェットコネクトとして統合

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

インド、ジェット・エアウェイズは2012年3月25日付けで、傘下の格安航空会社(LCC)2社を統合する計画を発表しました。

統合するのはジェットライトとジェット・エアウェイズ・コネクト(Jet Airways Konnect)。ジェットライトは、ジェット・エアウェイズとは別の航空会社コード「S2 / JLL」を持つため存続会社となり、ブランド名を「ジェットコネクト(JetKonnect)」に変更して運航されます。

機体は順次、「JetKonnect」に塗装替えを行い、ジェット・エアウェイズは「9W」、ジェットコネクトは「S2」として運航。これまでの両社のコードシェアも継続され、インド国内、国際線の接続ができます。

なお、ウェブサイトも変更され、ジェットライトの「jetlite.com」は利用されなくなり、新たにジェットコネクト「jetkonnect.com」の新しいブランドでのサイトを開設する予定です。

現在、ジェットライトが1日平均123便、ジェット・エアウェイズ・コネクトの1日約290便を運航、統合でジェットコネクトとして1日平均413便になります。ジェット・エアウェイズ・グループで1日600便の運航、機材数120機に変更はありません。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加