フィリピン航空、3月下旬からダバオ/シアルガオ線を開設 週4便 | FlyTeam ニュース

フィリピン航空、3月下旬からダバオ/シアルガオ線を開設 週4便

フィリピン航空は2018年3月25日(日)から、フィリピン国内線のダバオ/シアルガオ線に就航します。運航は月、水、金、日の週4日で、機材はDHC-8-400(Q400)を使用します。

スケジュールは、ダバオ発PR2378便が7時、シアルガオ着8時15分、シアルガオ発PR2379便が8時45分、ダバオ着10時です。フィリピン南部のミンダナオ島にあるダバオと、ミンダナオ島の北東部にあるシアルガオ島を結ぶ路線は、フィリピン政府が南部の旅行スポットのプロモーションを加速させる目標に沿った路線開設となります。

シアルガオは、サーフィンのデスティネーションとしても有名で、海外からの旅行者はマニラ、セブ、クラーク発着のダバオ線を利用し、シアルガオを訪れる前に、まずはダバオを楽しむこともできるとフィリピン航空はアピールしています。

また、フィリピン航空は、現在週4便で運航しているダバオ/タグビララン線を3月25日(日)からデイリーに増便します。なお、詳しいスケジュールは、フィリピン航空のホームページ、または下記の関連ジャンルから「時刻表」を参照ください。

期日: 2018/03/25から
メニューを開く