ボーイング、シンガポール航空に787-10引き渡し 3月下旬に本拠地へ | FlyTeam ニュース

ボーイング、シンガポール航空に787-10引き渡し 3月下旬に本拠地へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:シンガポール航空向け787-10の初飛行

シンガポール航空向け787-10の初飛行

  • ニュース画像 2枚目:胴体がこれまでの787の中でもっとも長い
  • ニュース画像 3枚目:日本各地の空港に就航するシンガポール航空の便が787-10に更新される予定

ボーイングは、同社初の787-10をシンガポール航空に引き渡し契約を締結しました。この機体は、機体記号(レジ)「9V-SCA」とみられ、現在もボーイングの工場が所在するチャールストンを拠点に飛行訓練を実施しています。シンガポールに向けたフェリーフライト前の引き渡し式典は3月24日(土)にも行われる見込みです。

シンガポール航空の787-10はビジネスクラス36席、エコノミークラス301席、2クラス制の337席仕様で、5月3日の関空/シンガポール線、SQ619便とSQ618便で初の長距離路線として投入される予定です。シンガポール航空は、2018年中に東京、名古屋、福岡発着便に787-10を順次、導入する予定で、全国各地で787のもっとも大きな機体を見ることができるようになります。

なお、関空/シンガポール線の導入に先立ち、4月3日(火)からシンガポール/バンコク線のSQ970、SQ973便、シンガポール/クアラルンプール線のSQ118、SQ119便が787-10で運航される予定となっています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加