JAL、伊勢で「常若婚おもてなしセミナー」共催 講師派遣でおもてなしを伝授

JAL、伊勢で「常若婚おもてなしセミナー」共催 講師派遣でおもてなしを伝授

日本航空(JAL)は2018年4月19日(木)に伊勢市観光協会が主催する、伊勢市の観光業・飲食業者を対象とした「常若婚おもてなしセミナー」に協力し、マナー教室の講師を派遣します。

名古屋地区販売部法人販売グループマネジャー兼先任チーフキャビンアテンダントの伊藤芳美氏が講師を務め、機内におけるコミュニケーションで重要な「接客6つのポイント」を交えた接客マナーや、「お客さまに関心を持つ」「感謝の気持ちをチームワークでお伝えする」というJALならではのおもてなしの心を伝えます。

この講座を通して、観光客へのおもてなし意識とマナーの向上を図り、「常若婚」参加者をはじめ伊勢を訪れる観光客を、より磨きのかかった「おもてなし」で迎えることが期待されます。

「常若婚(とこわかこん)」はJALと伊勢市、三重県が2017年から開始した夫婦の絆を育む新観光プログラムです。JALグループは、これからも地域と協力して、さまざまな取り組みにチャレンジしていくとしています。詳しくは、JALウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/04/19
この記事に関連するニュース
メニューを開く