百里基地航空祭、12月2日開催へ

百里基地航空祭、12月2日開催へ

ニュース画像 1枚目:2016年の百里基地航空祭
© FlyTeam News
2016年の百里基地航空祭

航空自衛隊百里基地は、「平成30年度 百里基地航空祭」の開催日を2018年12月2日(日)と決定しました。2017年は3年に1度の「航空観閲式」が実施されたため、百里基地航空祭の開催は2016年以来、2年ぶりとなります。

2016年は「百里基地創設50周年記念航空祭」として開催され、第301飛行隊が1985年3月に新田原基地に移駐、再び百里基地に戻った初の航空祭であったため、部隊マークの「カエル」とともにF-4が歓迎を受けました。

例年の航空祭では、航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が参加していますが、2018年は同日に新田原基地で開催される「新田原基地エアフェスタ2018」への参加が決定しているため、百里基地への飛来はありません。また、予想される航空祭の参加機はF-4、RF-4、F-15、T-4、そのほか救難隊の救難展示などがあるとみられます。

百里基地では航空祭当日、一般車両の基地入場はできません。周辺に駐車場を用意し、有料の臨時バスを運行する予定です。これに加え、JR石岡駅と百里基地を結ぶ有料の臨時バスも運行し、混雑緩和を目指します。

■参考 2016年の百里基地航空祭 展示飛行スケジュール
9:00前後 F-4、RF-4、T-4、U-125 会場上空通過
9:30前後 F-4 ファントムビッグフォーメイション、9機
9:40前後 UH-60 捜索救難展示
9:50ごろ〜10:10ごろ F-15 機動飛行
10:25ごろ〜10:45ごろ U-125、UH-60 捜索救難展示
10:45ごろ〜11:10ごろ F-4 デモスクランブル、模擬緊急発進、空対地射爆撃
11:20ごろ〜12:00前 ブルーインパルス飛行展示
13:20すぎ〜13:45ごろ RF-4 戦術偵察
13:40すぎ〜14:00 F-4 機動飛行
14:20すぎ 地上展示機帰投
メニューを開く