アメリカ海軍病院船マーシーが日本初寄港、一般見学会の参加者を募集 | FlyTeam ニュース

アメリカ海軍病院船マーシーが日本初寄港、一般見学会の参加者を募集

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: イベント
ニュース画像 1枚目:日本初寄港となるアメリカ海軍の病院船「マーシー(T-AH-19)」

日本初寄港となるアメリカ海軍の病院船「マーシー(T-AH-19)」

  • ニュース画像 2枚目:病院船「マーシー」も参加したパシフィック・パートナーシップ2018での訓練
  • ニュース画像 3枚目:ヘリの着艦スペースが設けられている病院船「マーシー」

内閣府は2018年6月16日(土)、アメリカ海軍の病院船「マーシー(T-AH-19)」の東京港寄港にあたり、一般見学会を開催します。開催場所は、東京港大井水産物埠頭です。

一般見学会の開催時間は13時30分から16時で、この時間のうち約1時間、徒歩で甲板デッキ、船内医療施設などを見学できます。申し込みは、内閣府の公式ウェブサイトからのみ応募可能で、1グループにつき5名まで、1回限りです。応募締め切りは5月27日(日)で、募集人数は400名程度となっており、申込多数の場合は抽選が実施されます。

病院船「マーシー」はアメリカ海軍が保有する病院船で、日本への寄港は初めてとなります。医療設備として、1,000床のベッドと12室の手術室があり、船の中央部には、大型ヘリコプターが着陸可能な発着甲板が設けられています。

詳しくは、内閣府のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/05/16 〜 2018/05/27
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加