アメリカのブティックエア、ユナイテッド航空とコードシェア提携を開始 | FlyTeam ニュース

アメリカのブティックエア、ユナイテッド航空とコードシェア提携を開始

ニュース画像 1枚目:ブティックエアのPC-12
ブティックエアのPC-12

サンフランシスコに本社を置き、定期便、チャーター便を運航するブティックエアは2018年5月23日(水)から、ユナイテッド航空とのコードシェア提携を開始しました。

ブティックエアはPC-12とキングエア350を使用し、現在アメリカ国内30都市に就航しており、ユナイテッド航空の拠点の1つであるデンバーで大きな存在感を示しています。

今回の提携により、両社のフライトがシームレスに接続できるようになり、ブティックエアの運航便、またインターライン便は、ユナイテッド航空の公式ウェブサイトで予約できるほか、コードシェア便でユナイテッド航空のマイレージプログラム「マイレージ・プラス」のマイル獲得もできます。

ユナイテッド航空は、コードシェアにより、さらに独自のデスティネーションへの接続と、より多くの選択肢と利便性を搭乗者に提供することができるとコメントしています。

期日: 2018/05/23から
メニューを開く