F-35 JPOとロッキード・マーティン、F-35の300機目を達成 | FlyTeam ニュース

F-35 JPOとロッキード・マーティン、F-35の300機目を達成

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:300機目のF-35

300機目のF-35

F-35ジョイント・プログラム・オフィス(JPO)とロッキード・マーティンは2018年6月11日(月)、300機目のF-35機を納入し、プログラムの継続とその進捗を祝いました。この300機目はアメリカ空軍のF-35Aで、ヒル空軍基地に配備されます。

F-35 JPOは、国防戦略の重要な役割を果たし、その任務要件を満たす実証済みの高度な戦闘能力を備えているとコメントしており、関係するパートナーと効果的なコラボレーションを手がけ、300機は重要なマイルストーンとなっています。また、F-35チームは引き続きコスト削減、品質向上、迅速な納入を進めるとしています。

300機のうち、通常離陸タイプのF-35Aは197機、短距離離陸・垂直着陸(STOVL)タイプのF-35Bは75機、艦載型のF-35Cは28機となっています。これまでにF-35のパイロットは620名超、5,600名の整備員が訓練を受け、飛行時間は14万時間を超えています。

ロッキード・マーティンは、F-35の生産機数の増加と効率の向上に伴い、F-35Aのコストを従来の第4世代戦闘機と同等、またはそれ以下の8,000万ドルに削減、2020年までに達成する予定です。プロセス効率、生産の自動化、設備と工具のアップグレード、サプライ・チェーン・イニシアチブを取り入れ、コストを大幅に削減しています。

特に、価格は初契約から60%以上下がった他、製造時間は2015年と比べおよそ20%減となっています。また、2017年は66機納入の目標を達成し、2016年から40%増加するなど、生産体制の増強も進んでいます。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加