シンガポール航空、7月28日から名古屋/シンガポール線に787-10投入 | FlyTeam ニュース

シンガポール航空、7月28日から名古屋/シンガポール線に787-10投入

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:シンガポール航空 787-10

シンガポール航空 787-10

  • ニュース画像 2枚目:787-10 ビジネスクラス
  • ニュース画像 3枚目:787-10 エコノミークラスイメージ

シンガポール航空は2018年7月28日(土)から、787-10を名古屋(セントレア)/シンガポール線に投入すると発表しました。座席構成は2クラス制の337席で、フルフラットベッドになるビジネスクラスが36席で配列は「1-2-1」、エコノミーは301席で配列は「3-3-3」です。

シンガポール航空のデイヴィッド・ラウ日本支社長は、「787-10の35%は名古屋近郊で製造されており、その名古屋への就航を開始できることを嬉しく思います」とコメントしています。対象便のスケジュールは、往路の名古屋発SQ671便が10時30分、シンガポール着16時20分、復路のシンガポール発SQ672便は1時20分、名古屋着9時05分で運航されます。

この787-10の名古屋線への投入を記念し、うなぎを使用した記念メニューを名古屋/シンガポール線の全クラスで提供します。ビジネスクラスでは、京都の老舗料亭「菊乃
井」の村田吉弘氏が監修する機内食「花恋暦」とあわせ、7月と8月はうなぎ、9月は愛知県三河産の牛肉「みかわ牛」を使用したメニューが提供されます。エコノミーでは、7月から9月末までうなぎを使用した機内食を選択できます。

なお、シンガポール航空は787-10のローンチカスタマーで、5月3日から関空/シンガポール線で運航を開始し、5月18日から成田/シンガポール線に投入しており、名古屋線への投入に続き、2018年12月までに福岡線でも同型機を投入する予定です。

■運航スケジュール
SQ671便 名古屋 10:30 / シンガポール 16:20 (デイリー)
SQ672便 シンガポール 01:20 / 名古屋 09:05 (デイリー)
期日: 2018/07/28から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加