嘉手納の18WG、小松基地へ訓練移転 空自F-15Jと戦闘訓練 | FlyTeam ニュース

嘉手納の18WG、小松基地へ訓練移転 空自F-15Jと戦闘訓練

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:空自 F-15J イメージ

空自 F-15J イメージ

防衛省は2018年7月9日(月)、アメリカ軍の再編に伴う嘉手納飛行場から小松基地への訓練移転を発表しました。この移転訓練は2006年5月の日米ロードマップに基づき、二国間の相互運用性の向上、アメリカ軍飛行場の周辺地域での訓練活動の影響を軽減するために実施されており、これで国内移転52回、グアムなど海外では36回、計88回目の移転です。

移転訓練の期間は、2018年7月16日(月)から7月20日(金)です。嘉手納基地の第18航空団(18WG)が小松基地に移動し、航空自衛隊の第6航空団、入間基地の中部航空警戒管制団と共に、小松基地や小松沖の空域で戦闘機による戦闘訓練を実施します。

使用する航空機はアメリカ空軍がF-15が6機程度です。このほか、小松基地には人員120名程度と物資輸送のため、輸送機が飛来する可能性があります。空自は、F-15Jが4機程度、参加します。

期日: 2018/07/16 〜 2018/07/20
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加