JAL、特典航空券の制度を一部変更 基本マイル減は12都市 | FlyTeam ニュース

JAL、特典航空券の制度を一部変更 基本マイル減は12都市

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: マイレージ
ニュース画像 1枚目:「JAL国際線特典航空券PLUS」を導入

「JAL国際線特典航空券PLUS」を導入

日本航空(JAL)は2018年7月12日(木)、JALマイレージバンク(JMB)の特典航空券について、使いやすさ向上を実現する制度変更を公表しました。新たに2018年12月から、キャンセル待ちでも座席確保を可能とする仕組み、「JAL国際線特典航空券PLUS」を導入します。

予約を希望する路線が予約画面でマイル数が表示されない場合、これまではキャンセル待ちのみしかできません。
新制度が導入される12月以降は、日程や予約時点の状況によりマイル数が変動し、基本マイル(現行:必要マイル数)に加え、追加マイルを加算すると予約が可能になります。

基本マイル数で予約できる一部の路線で、従来より少ない基本マイル数となる場合もあり、12都市行きが減額されます。また、PLUS導入に伴い、予約変更が不可となります。

JALはこの変更により、特典航空券の利用機会が広がるほか、旅行の計画が立てやすくなるとメリットをアピールしています。また制度変更の紹介ページでは、基本マイル数が少なくなる路線の例として、日本発のシンガポール行き片道が現行は17,500マイルのところ、PLUS開始で12,000マイルに、ホーチミン行き片道が現行は17,500マイルのところ、PLUS開始で13,500マイルになる例をあげています。

なお、基本マイル数が少なくなる目的地の12都市は以下の通りです。

■JAL国際線特典航空券PLUS
基本マイル数減少路線とマイル数
高雄線 8,500マイル
クアラルンプール線 14,500マイル
ジャカルタ線 15,500マイル
シンガポール線 12,000マイル
ハノイ線 13,000マイル
ホーチミンシティ 13,000マイル
シドニー線 18,000 マイル
モスクワ線 17,500マイル
パリ線 26,000マイル
フランクフルト線 23,000マイル
ヘルシンキ線 23,500マイル
ロンドン線 26,000マイル
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加