ボーイングとGECAS、737-800の貨物機改修で35機を追加契約 | FlyTeam ニュース

ボーイングとGECAS、737-800の貨物機改修で35機を追加契約

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

ボーイングとGEキャピタル・アヴィエーション・サービス(GECAS)は2018年7月17日(火)、737-800ボーイング・コンバーティッド・フレイター(BCF)を35機、追加契約しました。35機のうち、確定分は20機、オプションは15機で、GECASの737-800BCFはこの契約分で計50機になります。

GECASは737-800BCFのローンチカスタマーで、4月にその1機目の貨物改修機を受領しています。ボーイングは、GEACSが再度の発注を契約し、これを歓迎するとコメントしています。

737-800BCFは23.9トンの最大積載量で、737クラシックをベースとする貨物機より長い、2,000ノーティカルマイル、およそ3,750キロメートルの航続距離を備えています。さらに、737クラシックの貨物機より燃料効率が良く、信頼性を提供しており、737-800旅客機からの回収は、ボーイング上海航空サービス(STAECO)をはじめ、複数の施設で改造が実施されています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加