ホテル日航関西空港の近畿五聖地食巡り、8月は泉州・奈良食材を使用 | FlyTeam ニュース

ホテル日航関西空港の近畿五聖地食巡り、8月は泉州・奈良食材を使用

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:中華料理「桃李」桃李懐石

中華料理「桃李」桃李懐石

関西国際空港に隣接するホテル日航関西空港は2018年8月から、レストラン大河企画「近畿五聖地食巡り」で、地元泉州から近畿の五芒星中央にある奈良の「平城京」を結んだライン上にある食材をメインに使用したメニューを提供します。

和彩「花ざと」の五聖地会席では、奈良県が誇る和牛ブランド「大和牛」を使用した冷しゃぶをメインに、大和野菜、大和の三輪素麺、淡路の鱧や鱚などの食材を使ったメニューを提供します。

また、中華料理「桃李」の桃李懐石では、「大和牛」のバラ肉を柔らかく煮込み、カレー風味に仕上げ、暑い夏でも食欲が湧くようなメニューを提供します。また、泉南市と岡田浦漁協、近畿大学の産官学連携で養殖された「泉南あなご」に清湯を添えた炒飯風揚げおにぎりもおすすめの一品としています。

ホテル日航関西空港では、今後も近畿五聖地をはじめ、近畿各地のこだわり食材を活かした料理を提供します。詳しくは、ホテル日航関西空港のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/08/01から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加