シンガポール航空向けA350ULR、塗装工場からロールアウト | FlyTeam ニュース

シンガポール航空向けA350ULR、塗装工場からロールアウト

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ロールアウトするA350-900ULR

ロールアウトするA350-900ULR

  • ニュース画像 2枚目:シンガポール航空塗装のA350-900ULR

エアバスは2018年7月30日(月)、トゥールーズでシンガポール航空向けA350-900ウルトラ・ロング・レンジ(ULR)が塗装工場からロールアウトしたと公表しました。製造番号(msn)は「220」で、すでにシンガポール航空の塗装が施されています。今後、納入前の地上、飛行試験を実施する予定です。

シンガポール航空はA350-900ULRを7機発注しており、いずれもエアバスの工場で組み立ての製造工程に入っています。すでに1機目の「220」は飛行テストを完了しており、超長距離を飛行するために装備された新たな燃料システムの確認が行われています。この機体は今後、客室が装備される予定です。

シンガポール航空は、このA350-900ULRをシンガポール発着のニューヨーク・JFK線に投入されるほか、ロサンゼルス、サンフランシスコ線にも投入される予定です。

この機体の最大離陸重量(MTOW)は280トンで、空力改善と追加タンクにより飛行時間は20時間超、航続距離は9,700海里となります。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加