砕氷艦「しらせ」、高松港で一般公開へ 瀬戸大橋30周年記念事業 | FlyTeam ニュース

砕氷艦「しらせ」、高松港で一般公開へ 瀬戸大橋30周年記念事業

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: イベント
ニュース画像 1枚目:海上自衛隊砕氷艦「しらせ」一般公開

海上自衛隊砕氷艦「しらせ」一般公開

海上自衛隊は2018年9月29日(土)と9月30日(日)の2日間、瀬戸大橋30周年記念事業として、砕氷艦「しらせ(AGB-5003)」を高松・サンポート高松岸壁で一般公開します。「しらせ」には、CH-101輸送ヘリコプターを2機、搭載できます。

当日は一般公開のほか、南極の氷に触れる体験や、陸上自衛隊車両の展示が行われます。なお、「しらせ」の高松港への寄港は13年ぶりとなります。

公開時間は、9月29日(土)が9時から15時まで、9月30日(日)が9時から16時までで、いずれも受付は終了時間の1時間前に締め切られます。また、艦艇見学に際しては、スカート、着物、ハイヒール・サンダルでの乗艦は危険なことから、着用を控えるように注意が促されています。

「しらせ」は平成30年度総合訓練で8月31日(金)に横須賀港を出発、8月31日(金)から9月3日(月)まで横浜港、9月7日(金)から9月10日(月)まで苫小牧港、9月14日(金)から9月17日(月)まで新潟東港、9月21日(金)から9月24日(火)まで博多港、9月28日(金)から10月1日(月)まで高松港を訪問します。横須賀港への帰港は10月2日(火)の予定です。

高松港での一般公開の詳細は、自衛隊香川地方協力本部のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/09/29 〜 2018/09/30
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加