アビアンカ・ユナイテッド・コパ、南北アメリカ大陸の共同事業を検討 | FlyTeam ニュース

アビアンカ・ユナイテッド・コパ、南北アメリカ大陸の共同事業を検討

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

アビアンカ・ホールディングスは2018年8月8日(水)、ユナイテッド航空、コパ・ホールディングスと共同事業を検討していると発表しました。アビアンカ・ホールディングスは、コロンビアを本拠地とし、エルサルバドル、ペルー、ブラジル、アルゼンチン、コスタリカ、グアテマラ、エクアドル、ホンジュラスなど南米各国でブランドを展開しています。

コパ航空もパナマ、コロンビアでブランドを展開しており、ユナイテッド航空を含む3者の共同事業は北米と南米を結ぶネットワークの構築について協議していると公表しています。

なお、アビアンカ・ホールディングスはこの公表時点でこの協議の実現時期、規模などの詳細について決定事項はないとしています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加