関空と伊丹、国内線に旅客取扱施設利用料を導入 10月28日搭乗分から | FlyTeam ニュース

関空と伊丹、国内線に旅客取扱施設利用料を導入 10月28日搭乗分から

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

関西エアポートは2018年8月17日(金)、関西国際空第1ターミナル国内線と伊丹空港国内線ターミナルビル利用に際し、旅客取扱施設利用料を導入すると発表しました。適用は10月28日(日)搭乗分からです。

利用料金は、出発・到着のそれぞれ1人あたり、伊丹空港では満12歳以上が260円、満3歳以上12歳未満は130円、関西国際空港では満12歳以上が430円、満3歳以上12歳未満は220円がかかります。この料金は、航空券購入の際に、航空券に含ませて同時に徴収する「オンチケット方式」で徴収されます。

なお、関西国際空港第2ターミナルの国内線では旅客取扱施設利用料は既に導入済です。詳しくは、関西エアポート、または国土交通省のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/10/28から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加