エアロ・ロジック、2019年1月に777Fを1機導入へ 計11機に | FlyTeam ニュース

エアロ・ロジック、2019年1月に777Fを1機導入へ 計11機に

ニュース画像 1枚目:エアロ・ロジック 777F
エアロ・ロジック 777F

ルフトハンザ・カーゴは2018年8月28日(火)、2019年1月にエアロ・ロジックに777貨物機を1機、導入すると発表しました。ルフトハンザ・カーゴはボーイングから機体をリースする計画で、ルフトハンザ・カーゴとDHLの共同事業のエアロ・ロジックの保有機は11機となります。この機体の輸送力はすべて、ルフトハンザ・カーゴが対応します。

ルフトハンザ・カーゴは、エアロ・ロジックに11機の777Fを導入することで世界でもっとも効率的な貨物専用機を揃え、顧客には魅力的な航空貨物輸送サービスの提供、従業員にはより優れた勤務環境を提供できるとコメントしています。新たな777Fは機体記号(レジ)「D-AALK」として登録される予定で、シアトルからライプチヒへフェリーされる予定です。

エアロ・ロジックが2017年に導入した2機はDHL向けに輸送を担う「777-F6N」で、その他の8機は週末はルフトハンザ・カーゴ、その他はDHL向けで運用されています。

メニューを開く