関空、台風21号からの復旧状況 空港島の各種設備も徐々に通常へ | FlyTeam ニュース

関空、台風21号からの復旧状況 空港島の各種設備も徐々に通常へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

関西エアポートは2018年9月8日(土)、台風21号の影響によって被害を受けた関西国際空港の状況について、記者会見を行い発表しました。

定期便は、第2ターミナルビルで1日55便を運航しており、内訳は、旅客便は出発・到着合わせてピーチが43便、日本航空(JAL)が2便、全日空(ANA)が2便の計47便、貨物便は出発・到着合わせてフェデックスが8便です。

第1ターミナルは、南側が比較的被害が少なく、地下部分の排水がほぼ完了しており、1週間以内に部分的な再開を見込んでいます。A滑走路はポンプ車を使った排水を行い、パイロットの目視での離着陸が可能な状態です。一方、貨物地区は被害が大きく、9月8日朝から補修を開始しています。フェデックスはB滑走路を使用し、9月8日(土)に運航を再開しました。

空港へのアクセスは、9月7日(金)に空港連絡橋で車両の対面通行ができるようなったため、渋滞は緩和される見込みです。また、JRと南海電鉄「りんくうタウン駅」まで再開し、関空への区間は6時から24時までシャトルバスが運行しており、リムジンバスは現在16路線が運行を再開しています。なお、神戸ベイシャトルが通常運行に戻り、空港駐車場に駐車している車の出庫ができるようになりました。

このほか、ライフラインでは、ガスと温熱・冷熱は復旧済みで、空港内のごみ処理場では、焼却炉の正常稼働を確認したため、空港内のホテル日航関西空港も通常営業へ移行しています。

詳しくは、関西エアポートのウェブサイトを参照ください。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加