ESAのA310「Zero-G」、初の試験を開始 重力に関する12件の試験を実施 - 機体記号 : F-WNOV | FlyTeam ニュース

機体記号: F-WNOV

航空機 F-WNOV(登録記号、レジ、シリアル)の最終登録情報は、以下の通りです。

保有
SA・ノヴァスペース
モデル
Airbus A310-304
製造番号
498
メーカー
エアバス
シリーズ
A310
A310-300
期間
2014/06 〜 -

ESAのA310「Zero-G」、初の試験を開始 重力に関する12件の試験を実施

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:新しい「Zero-G」のA310

新しい「Zero-G」のA310

欧州宇宙機関(ESA)は2015年5月8日、フランス国立宇宙センター(CNES)とドイツ航空宇宙センター(DLR)が共同で使用する「Zero-G」のA310での試験を開始したと発表しました。CNES傘下のSA・ノヴァスペースが保有、これまでのA300を機材更新し、3月にも機内改修を終了していた機体です。

今回の試験飛行は重力に関する12件の試験を行います。最大で50度の軌道で短時間に上昇と下降を繰り返し、無重力に近い状態を作り出します。上昇時と下降時の重力の違いはおよそ2倍となり、80キログラムの体重の人はおよそ20秒間は160キロの体重と同じ感じとなります。

また、この機体の操作により無重力だけでなく、月や火星での重力と同じ状態を作り出すこともできます。これにより、機内で行われる研究では、異なる重力での対照実験も可能です。

SA・ノヴァスペースはドイツ空軍で大統領輸送機として活躍したVIP機を取得し、新たな任務で使用します。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加