春秋航空日本、成田発広島線で就航 初便は「JA01GR」を投入 - 機体記号 : JA03GR | FlyTeam ニュース

機体記号: JA03GR

航空機 JA03GR(登録記号、レジ、シリアル)の最終登録情報は、以下の通りです。

保有
春秋航空日本
モデル
Boeing 737-86N
製造番号
41272/4819
メーカー
ボーイング
シリーズ
737
737-800
期間
2014/03 〜 -

春秋航空日本、成田発広島線で就航 初便は「JA01GR」を投入

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

春秋航空日本は2014年8月1日(金)、成田空港を拠点とする格安航空会社(LCC)としては3社目、ピーチを含め日本で4社目のLCCとして運航を開始しました。初便は成田発広島着のIJ621便で、機体記号(レジ)「JA01GR」の737-800を使用しました。定刻では成田空港を6時55分に出発のところ、遅れての出発となりました。

春秋航空日本は当初は6月27日の就航を計画していましたが、パイロットの人材確保、要請などを理由に8月1日に変更し、計画していた便数を1往復2便を減らして運航となりました。

春秋航空日本の就航で、成田発着のLCCが増加し、首都圏と地方都市を結ぶLCC路線が増え、多くの旅行者の往来が期待されています。春秋航空は成田発着の広島、佐賀線の3路線を1日2往復4便ずつ、成田/高松線を1往復2便で運航します。

広島、佐賀線はLCCによる就航は初めて、高松線はジェットスター・ジャパンとの競合路線となります。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加