運輸安全委員会、10月22日のIJ701便を調査 機体動揺で客室乗務員が負傷 - 機体記号 : JA03GR | FlyTeam ニュース

機体記号: JA03GR

航空機 JA03GR(登録記号、レジ、シリアル)の最終登録情報は、以下の通りです。

保有
春秋航空日本
モデル
Boeing 737-86N
製造番号
41272/4819
メーカー
ボーイング
シリーズ
737
737-800
期間
2014/03 〜 -

運輸安全委員会、10月22日のIJ701便を調査 機体動揺で客室乗務員が負傷

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

運輸安全委員会は2017年10月27日(金)、10月22日(日)に春秋航空日本が運航していた成田発佐賀着IJ701便について、機体の動揺による客室乗務員の負傷が発生したことを受け、航空事故として調査を開始しました。国土交通省が航空事故と認定し、これを受けた対応です。10月22日は台風21号が接近、運航は全国的に天候の影響を受けていました。

10月22日のIJ701便は737-800、機体記号(レジ)「JA03GR」で運航しており、事故発生場所は熊本空港の東北東およそ40キロメートル、高度約4,500メートルで、佐賀空港へ向けて降下していました。この地点で機体が動揺し、負傷した客室乗務員1名はシートベルトをしていたもののシートに腰を打ち付け負傷しました。客室乗務員が整形外科を受診、骨折が判明したものです。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加