春秋航空日本、6機目「JA06GR」が成田到着 同日中に羽田へフェリー - 機体記号 : JA06GR | FlyTeam ニュース

機体記号: JA06GR

航空機 JA06GR(登録記号、レジ、シリアル)の最終登録情報は、以下の通りです。

保有
春秋航空日本
モデル
Boeing 737-8AL
製造番号
61798/6453
メーカー
ボーイング
シリーズ
737
737-800
期間
2017/06 〜 -

春秋航空日本、6機目「JA06GR」が成田到着 同日中に羽田へフェリー

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:春秋航空日本の737-800

春秋航空日本の737-800

  • ニュース画像 2枚目:春秋航空日本 737-800

春秋航空日本は2018年5月31日(木)、同社6機目となる新造機の機体記号(レジ)「JA06GR」が成田空港に到着したとTwitterで明らかにしています。ボーイング・フィールドからアンカレッジ、新千歳を経由し、成田空港には夕方に到着しています。

春秋航空日本は成田を拠点に国内線では高松、関西、新千歳線を運休していますが、整備を日本航空(JAL)グループのJALエンジニアリングに委託し、運航路線も絞って体制を整えています。同社は7月以降の国内線の航空券販売は5月下旬をめどに調整を進めるとしていましたが、これについてもまだ未発表で、ウェブサイトでも予約できない状態ですが、近く発表されるものとみられます。

なお、成田空港に到着した「JA06GR」は、さらにフェリーで羽田空港のB滑走路に着陸しています。JALエンジニアリングでの整備を目的に、羽田に移動したとみられます。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー
  • << 前のニュース
  • 次のニュース >>

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加