AIRDO、2016年7月に767-300を1機導入 JA8359は退役 - 機体記号 : JA8359 | FlyTeam ニュース

機体記号: JA8359

航空機 JA8359(登録記号、レジ、シリアル)の最終登録情報は、以下の通りです。

保有
AIR DO
モデル
Boeing 767-381
製造番号
25617/439
メーカー
ボーイング
シリーズ
767
767-300
期間
2009/11 〜 2016/10
函館空港 - Hakodate Airport [HKD/RJCH]で撮影された函館空港 - Hakodate Airport [HKD/RJCH]の航空機写真

Copyright © Dojalanaさん

AIRDO、2016年7月に767-300を1機導入 JA8359は退役

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

AIRDOは2016年度上期運航計画を策定、期間中に羽田/新千歳線での深夜便運航期に最大37往復74便、これ以外は36往復72便で運航します。

このうち、機材は2016年1月に737-500から737-700への機材更新が完了し、144席の737-700に統一され9機体制で運航します。また、286席、288席、289席の767-300は4機で運航します。これは「JA01HD」「JA601A」「JA8359」「JA98AD」で、2016年7月末に1機導入、2016年10月に「JA8359」を退役させ、機材更新します。「JA8359」は1992年6月に全日空に引き渡しされた機齢23年超の機材です。

これにより、AIRDOは計13機体制で、7月末から10月の一部期間で、767-300を5機体制とし、一時期のみ14機体制で運航します。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加