航空科学博物館でB747-200型の一般公開がはじまる - 機体記号 : N642NW | FlyTeam ニュース

機体記号: N642NW

航空機 N642NW(登録記号、レジ、シリアル)の最終登録情報は、以下の通りです。

保有
ノースウエスト航空
モデル
Boeing 747-212B
製造番号
21942/471
メーカー
ボーイング
シリーズ
747
747-200
期間
1996/07 〜 -
成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]で撮影された成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]の航空機写真

Copyright © RJNAOさん

航空科学博物館でB747-200型の一般公開がはじまる

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

成田空港近くの航空科学博物館で2011年8月4日から、B747-200型の一般公開がはじまった。最後の所属はノースウエスト航空で機体番号(レジ)は「N642NW」。初フライトは1980年にシンガポール航空で運航を開始し、ガルーダ・インドネシア航空にリースされた後、シンガポール航空に戻り、ノースウエスト航空に移った。

この機体は、航空博物館本館の北側に常設されている。アメリカから輸送のために解体した機首を組み立てた。これで同博物館では、館内の大型模型とあわせて、B747シリーズを楽しめそうだ。

なお、8月10日までは見学ツアーがあるほか、8月11日から機体下部を自由に見学できる。なお、8月下旬には有料のガイドを開始する予定だ。

期日: 2011/08/04から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加