DC-10-30、国際線のラストフライトでバーミンガムに到着 - 機体記号 : S2-ACR | FlyTeam ニュース

機体記号: S2-ACR

航空機 S2-ACR(登録記号、レジ、シリアル)の最終登録情報は、以下の通りです。

保有
ビーマン・バングラデシュ航空
モデル
McDonnell Douglas DC-10-30
製造番号
48317/445
メーカー
マクドネル・ダグラス
シリーズ
DC-10
期間
1988/12 〜 -
香港国際空港 - Hong Kong International Airport [HKG/VHHH]で撮影された香港国際空港 - Hong Kong International Airport [HKG/VHHH]の航空機写真

Copyright © はれいろさん

DC-10-30、国際線のラストフライトでバーミンガムに到着

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

ビーマン・バングラデシュ航空は保有するDC-10-30の商業飛行のラストフライトを「S2-ACR」で運航、イギリス・バーミンガムに到着しました。バーミンガム空港のfacebookページでその到着の様子などが紹介されています。また、イギリスBBCがDC-10のラストフライトを紹介しているほか、AirlineReporterでも同行取材の様子を紹介しています。

2月22日、2月23日、2月24日の3日間、バーミンガム発着で遊覧飛行が運航されます。日本では747-400の退役で盛り上がっていますが、それと同じようにイギリスで多くの飛行機ファンはこの退役を楽しんでいる様です。

ちなみに、ビーマン・バングラデシュ航空のもう1機のDC-10-30の「S2-ACP」はバングラデシュでスクラップされる見込みです。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加