MV-22Bオスプレイ、東日本で初めて厚木基地に飛来 | FlyTeam ニュース

MV-22Bオスプレイ、東日本で初めて厚木基地に飛来

配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

アメリカ海兵隊は2014年7月15日(火)、神奈川県の厚木飛行場へMV-22Bオスプレイで人員輸送を行いました。「168032」の2012年1月製造、デビスモンサン基地で活動後、2012年10月に普天間基地に配備された機体です。今回のMV-22Bの厚木基地へのフライトは東日本への初飛来となります。

厚木基地へ飛来したMV-22BはFlyTeamメンバーから投稿が寄せられています。

厚木基地へ飛来したMV-22B 航空フォト

MV-22は7月15日(火)に厚木飛行場へ飛来した後、キャンプ富士へ向けて移動しました。帰投は7月18日(金)で、キャンプ富士から普天間基地へ飛行する計画です。

また、首都圏では7月19日(土)に横田基地へMV-22Bの飛来が計画されています。これは7月20日(日)に札幌の丘珠空港で開催される札幌航空ページェントでの展示のため、経由地として、立ち寄る計画で、展示機は1機、または2機を予定しています。

期日: 2014/07/15
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する