ANA、10月から赤い羽根共同募金に協力 空港での募金や塗装機も運航へ | FlyTeam ニュース

ANA、10月から赤い羽根共同募金に協力 空港での募金や塗装機も運航へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

全日空(ANA)をはじめとするANAグループは、2017年10月1日(日)から12月31日(日)までの3カ月間、「赤い羽根共同募金」のPR、募金運動に協力します。ロゴマーク入り特別塗装機が計20機、運航される予定となっているほか、ANAグループが就航する国内50の空港カウンター、34カ所の空港売店「ANA FESTA」に募金箱が設置されます。ANAの赤い羽根共同募金への協力は、2017年で56回目となります。

9月29日(金)に厚生労働省が主催する中央伝達式は、ANAの客室乗務員が参加します。また、活動初日の10月1日(土)は、厚生労働大臣、大相撲秋場所の三賞受賞力士、NHK大河ドラマ出演者、ANAグループ客室乗務員などが参加し、浅草寺本堂東側で街頭募金が行われます。さらに「赤い羽根 空の第一便」伝達式として、全国40カ所にANAグループ客室乗務員が伝達し、街頭募金運動に参加します。

期間中、ロゴ入り塗装機は767-300の6機、737-800の10機、DHC-8-400の4機、計20機がおよそ10,000便程度を運航する予定です。また、ANAは各地の空港カウンターでも募金活動を行います。

■空港カウンターでの募金活動
利尻、稚内、紋別、女満別、旭川、根室中標津、釧路、
千歳、函館、青森、大館能代、秋田、庄内、仙台、
福島、成田、羽田、八丈島、新潟、富山、小松、能登、
静岡、中部、伊丹、関西、神戸、岡山、広島、岩国、
山口宇部、鳥取、米子、石見、高松、徳島、松山、
高知、福岡、対馬、五島福江、佐賀、大分、熊本、
長崎、宮崎、鹿児島、沖縄、宮古、石垣
期日: 2017/10/01 〜 2017/12/31
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加