60の文字を模した空自60周年記念の編隊飛行、8月4日から観閲式予行 | FlyTeam ニュース

60の文字を模した空自60周年記念の編隊飛行、8月4日から観閲式予行

配信日:2014/07/25 12:30 - ニュースカテゴリー: サービス

自衛隊記念日行事として2014年10月26日(日)、航空観閲式が航空自衛隊百里基地で開催されますが、この予行が2014年8月4日(月)から8月8日(金)のうち、2日間に実施されます。この予行は、「航空自衛隊創設60周年記念飛行」で、60の文字を模した編隊飛行が予定されています。

発表されている資料では、百里基地を起点に小美玉市、笠間市を飛行し、栃木県との県境付近で方向を変更し、常陸大宮市、常陸太田市から太平洋への経路となっています。

実施時間は9時から11時、15時から17時ごろで、1日あたり1回から6回程度の予定です。機種はT-4で、機数は約20機程度としています。

予行は9月上旬にも予定されています。

期日: 2014/08/04 〜 2014/08/08
最終更新日: 2014/07/25 12:30
ニュース ガイドライン&ポリシー

このページを共有する