エバー航空、747-400旅客機を完全退役 8月21日にラストフライト | FlyTeam ニュース

エバー航空、747-400旅客機を完全退役 8月21日にラストフライト

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:ラストフライトを終えて歓迎を受けるB-16411

ラストフライトを終えて歓迎を受けるB-16411

  • ニュース画像 2枚目:ラストフライトに乗務した運航・客室乗務員たち
  • ニュース画像 3枚目:記念品も配られた

エバー航空は2017年8月21日(月)、 BR892便の香港発台北着で747-400旅客機のラストフライトを運航しました。ラストフライトは機体記号(レジ)「B-16411」が香港発台北着のBR892便として運航、エバー航空で747の四半世紀に渡る歴史に幕を降ろしました。747-400はエバー航空で長距離路線の主力機として導入され、その成長と発展を支えました。

エバー航空は1992年11月に「B-16401」「B-16402」の2機を受領し、台北発着で北米、ヨーロッパ路線に投入されました。この747-400は台湾から日本には成田、新千歳、函館線など28都市を結びました。また、エバー航空はこの機材で、台湾総統の海外訪問などをはじめ世界の政府高官の訪問時に使用されたほか、中国からのジャイアントパンダ、オーストラリアからコアラ、日本からタンチョウなど絶滅危惧種や保護動物の輸送、ルーヴル美術館からの芸術の貴重な作品を運ぶなど世界の貴重な文化財を輸送してきました。

また、エバー航空は747-400でサービスのアップグレードに取り組み、1992年に導入した2機にプレミアム・エコノミーを装備し、航空業界で初めてのサービスを展開しました。このプレミアム・エコノミーは、ビジネス、レジャーともに幅広い旅客に受け入れられたサービスとなっています。

エバー航空は、747-400の退役で、長距離路線には777-300ERを導入しているほか、2018年には787を導入する予定で、最新世代の航空機へ機材更新し、快適なフライトを提供する方針です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加