中国東方航空、12月以降発券分から燃油サーチャージを値上げ | FlyTeam ニュース

中国東方航空、12月以降発券分から燃油サーチャージを値上げ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃

中国東方航空は、2017年12月1日(金)以降の発券分で、日本発中国行きの燃油サーチャージを値上げします。同社の日本/中国間の燃油サーチャージ額は、11月末発券分までは500円ですが、12月以降は1,500円にとなります。なお、中国発日本着の旅程では、255人民元に変更はありません。

中国東方航空は、シンガポールケロシンの2カ月平均によって適用額を確定し、2カ月間の徴収額を固定しています。2017年12月から2018年1月の発券分では、2017年8月から9月の平均値をもとに決定しています。次回の2018年2月から3月の発券分に関しては、12月に決定されます。詳しくは中国東方航空のウェブサイトを参照ください。

期日: 2017/12/01 〜 2018/01/31
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加