日本貨物航空、12月以降の日本発国際貨物燃油サーチャージ額は据え置き | FlyTeam ニュース

日本貨物航空、12月以降の日本発国際貨物燃油サーチャージ額は据え置き

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃

日本貨物航空(NCA)は、2017年12月1日(金)以降の日本発国際航空貨物の燃油サーチャージ額を発表しました。これによると、11月までの徴収額と同額になっています。

2017年10月の平均燃油価格が1バレルあたり68.29ドルと、9月の平均68.00ドルより上がったものの、適用表上では同じ価格帯になったための対応です。

運賃額は、北米・中南米行きのTC1、ヨーロッパ・アフリカ・中近東行きTC2は1キロあたり51円、香港・中国・台湾行きTC3は1キロ36円、その他のTC3行きは1キロあたり43円になります。詳しくは、日本貨物航空のウェブサイトを参照ください。

期日: 2017/12/01 〜 2017/12/31
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加