ファイアスカウト無人偵察ヘリ、5ヶ月の航海から帰還 | FlyTeam ニュース

ファイアスカウト無人偵察ヘリ、5ヶ月の航海から帰還

配信日:2012/12/05 22:26 - ニュースカテゴリー: サービス

アメリカ海軍の艦載無人偵察ヘリコプターMQ-8Bファイアスカウトが、フリゲート艦USSクラクリング(FFG-42)に搭載されての5ヶ月間の航海から、2012年12月3日フロリダ州メイポート軍港に帰還しました。

クラクリングはアフリカ東岸の海賊対策任務に就き、MQ-8Bは1日12時間の監視飛行を実施したり、24時間連続の監視飛行の記録を達成するなど、500時間以上の飛行時間を記録し耐久性を実証しました。

最終更新日: 2012/12/05 22:26
ニュース ガイドライン&ポリシー

ソーシャルブックマーク:

  • はてなブックマークに「ファイアスカウト無人偵察ヘリ、5ヶ月の航海から帰還 | FlyTeam ニュース」をブックマークする

このページを共有する