アラスカ航空、25年ぶりにブランド・リニューアル 新塗装機を公開 | FlyTeam ニュース

アラスカ航空、25年ぶりにブランド・リニューアル 新塗装機を公開

配信日:2016/01/26 22:55 - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:アラスカ航空の新ロゴ、新塗装を施した737-800

アラスカ航空の新ロゴ、新塗装を施した737-800

  • ニュース画像 2枚目:ウィングレットの塗装
  • ニュース画像 3枚目:シンプルに「Alaska」と記されている
  • ニュース画像 4枚目:エスキモーはこれまで通り
  • ニュース画像 5枚目:ロゴ変更された空港カウンター

アラスカ航空は2016年1月25日(月)、25年ぶりの大規模なブランド・リニューアルを実施すると発表しました。新塗装を施した737-800、機体記号(レジ)「N563AS」を公開しました。「Alaska Airlines」のロゴを一新したほか、機体塗装が変更されますが、アラスカ航空の尾翼を飾るエスキモーはこれまで通り一貫して新塗装でも使用されます。

新ロゴは1月26日(火)から、シアトル・タコマ国際空港のロビーに導入され、新たなロゴ、カラーで旅客の迎え入れを行います。

なお、アラスカ航空は2月に737を4機受領する予定で、いずれも新塗装が施されます。2016年末までに40機が新塗装に変更されているほか、111空港のロゴ変更も終了する計画です。

最終更新日: 2016/01/26 22:55
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する