JALとアエロメヒコ航空、コードシェア提携に合意 2018年度中に実施 | FlyTeam ニュース

JALとアエロメヒコ航空、コードシェア提携に合意 2018年度中に実施

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:アエロメヒコ イメージ

アエロメヒコ イメージ

日本航空(JAL)とアエロメヒコ航空は2017年10月11日(水)、コードシェア提携に合意し、2018年度中に両社運航便でコードシェアを実施すると発表しました。両社の旅客の利便性向上、相互送客による企業価値向上を目的としています。

多くの日本企業がメキシコへ進出しており、日本とメキシコ間の渡航需要は年々増加しています。JALは現在、ダラスとロサンゼルスからアメリカン航空が運航するコードシェア便でメキシコ国内の各都市に乗り入れていますが、メキシコに広範なネットワークを展開するアエロメヒコ航空と相互にコードシェア提携を行い、JAL顧客の利便性の向上に繋げます。

アエロメヒコ航空は2006年、成田/メキシコシティ線を週2便で就航し、2017年3月にはデイリー運航に増便しています。コードシェア便は、アエロメヒコが運航する成田/メキシコシティ線をはじめ、ロサンゼルス発着のメキシコ国内各都市を結ぶ路線、メキシコシティとメキシコ国内各都市を結ぶ路線で展開する予定です。このコードシェアで、JALのメキシコ国内ネットワークは、現在の8地点から約20地点に拡大します。

一方、日本航空は日本国内線やアジア線でアエロメヒコとコードシェアを実施する予定です。コードシェア実施路線、開始時期などは、あらためて発表します。さらにこれを皮切りに、マイレージ提携、両社のラウンジ相互利用など、業務提携を検討する方針です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加