JAL、バーチャルアシスタント「マカナちゃん」を第3弾を12月5日リリース | FlyTeam ニュース

JAL、バーチャルアシスタント「マカナちゃん」を第3弾を12月5日リリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:マカナちゃん利用イメージ

マカナちゃん利用イメージ

日本航空(JAL)は2017年12月5日(火)から、日本アイ・ビー・エム協力のもと、ハワイの現地情報やおすすめスポットを回答するバーチャルアシスタント「マカナちゃん」第3弾をリリースしました。

「マカナちゃん」は2016年12月に開始し、当初、赤ちゃん同伴のハワイ旅行者を対象にサービスを展開していましたが、2017年7月から「トリップアドバイザー」と連携を開始し、ハワイ島のさまざまな施設情報を最新の口コミや画像付きで提供しています。

第3弾となる今回は、これまで使用していたIBM Watsonの会話機能、性格分析機能に加え、画像認識機能を新たに活用し、利用者が自身で撮影した写真や、見たい景色、食べたいものなどの画像をチャット画面上で「マカナちゃん」に送信すると、画像の分析結果とそれに応じたハワイのおすすめスポットの情報を受け取ることができます。

また、SNSへのログインで、過去の投稿を解析して、利用者を9タイプに分類する性格診断機能を強化し、従来の結果表示だけでなく、なぜこのタイプになったのかなど、診断結果の詳細を確認できるようになっています。

「マカナちゃん」の月間利用者数はサービス開始時と比較し、11月末時点で約2.5倍に拡大、満足度も80%を超えており、JALは今後も、日常生活から旅行の予約、空港や現地での過ごし方、帰路から再び日常生活に戻るまでの全てのフェーズを支援できるよう、「マカナちゃん」のサービス向上を続けていくとしています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加