オーストラリア第3のハブ,ブリズベン経由で成田まで - カンタス航空 口コミ・評価

航空会社 カンタス航空

シドニー国際空港 - Sydney Airport [SYD/YSSY]で撮影されたシドニー国際空港 - Sydney Airport [SYD/YSSY]の航空機写真

© mameshibaさん

IATA | ICAO
QF | QFA
アライアンス
ワンワールド

搭乗レビュー
オーストラリア第3のハブ,ブリズベン経由で成田まで

航空会社
カンタス航空
便名
QF116
エコノミー
搭乗日
2010/02
路線
オークランド → ブリスベン
機材
B737
総評3
3ッ星
機内食・ドリンク
4ッ星
座席(シート)
2ッ星
機内スタッフ
2ッ星
エンターティメント
2ッ星
トイレ・洗面台
2ッ星
機材コンディション
3ッ星
空港サービス
3ッ星
口コミ投稿者
アクセス数
181
投稿日

搭乗写真

  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    オークランド空港QFファーストラウン... 続き
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    夜明け前のオークランドからブリズベン... 続き
  • 写真の種類:機内食・ドリンク
    朝食はスパニッシュオムレツやチリビー... 続き

総評

ニュージーランドからオーストラリア経由で日本まで行く場合,いちばん普通なのはシドニー,ちょっと遠回りだとメルボルンがあります(パースは非現実的,JQは仕事に使えない)。

しかし10年ほど前にはJALがブリズベン線を飛ばしていて,AKL/BNE/NRTというルートが利用できました。なお現在でもQFがブリズベンから成田まで飛ばしていますが,QFの長距離はちょっと乗る気がしないので…

今回のコロナ問題がなければヴァージンオーストラリア(VA)が羽田/ブリズベン線を飛ばしていたはずなんだけど,かなり難しそうになってきましたね。とりあえずブリズベン経由の概要だけでもレポートします。

まずはオークランドからブリズベンまで,QFで3時間ちょっとのフライト。

【機内食・ドリンク】
毎度おなじみ肉とタマゴの朝食ですが,タマゴはスパニッシュオムレツ,ハッシュポテトに代わりチリビーンズと,ちょっと変化がありました。

チリビーンズは個人的に好きなので満足。

【座席(シート)】
日曜の朝6時ごろのフライトだけど満席。みんなゴールドコーストでも行くのかな。

【機材コンディション】
スケジュール上は3時間40分のフライトが3時間ちょっとに短縮。夏(オセアニアの2月は真夏)は季節風が弱いので西に飛ぶときも早いです。

【空港サービス】
オークランド空港では今回も乗り継ぎJALの搭乗券が発券できず,ブリズベンの「乗り継ぎカウンター」で手続することになりました。

この乗り継ぎカウンター,シドニーはほとんど天敵扱いですが,ブリズベンは空港の規模が小さいこともあって,待ち時間もほとんどなくスムーズに乗り継ぎが完了しました。

【総合評価】
ブリズベン空港はコンパクトで動線がスムーズ。良くできている空港です(というかシドニー空港がカオスなだけ)。

コメントする

コメントを書くにはログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら

カンタス航空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

メニューを開く