運輸安全委員会、大野滑空場で発生したディスカスCSの機体損傷を調査 | FlyTeam ニュース

運輸安全委員会、大野滑空場で発生したディスカスCSの機体損傷を調査

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

運輸安全委員会は2017年11月10日(金)、岐阜県揖斐郡の大野滑空場で発生した滑空機のディスカスCSによる離陸時の機体損傷について、調査を開始しました。機体記号(レジ)は「JA05KG」です。

この機体は発生当日の9時20分ごろ、ウィンチ曳航で発航しようとしていましたが、十分な高度が得られず、曳航索を切り離した後、着陸を試みました。その際、右主翼がウィンチ装置に衝突、転覆したことから、その原因調査が進められています。この事案に関する死傷者はありません。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加