搭乗してまずキャビンに入って驚いたのはあちこちをガムテープで止めてある座席回りと頭上のオーバーヘッドビンのひび割れでした。ビジネスクラスと言えど座席は767のエコノミー仕様の2-3-2の座席でFY仕様の機体に無理にCを作った感じです。オーディオ等も勿論機能せず。 1時間40分のフライトで着陸時の降下率があまりにひどく、このまま墜落するのではという身の危険を感じたフライトでした。 - アルジェリア航空 搭乗写真・画像

航空会社 アルジェリア航空

パリ オルリー空港 - Paris-Orly Airport [ORY/LFPO]で撮影されたパリ オルリー空港 - Paris-Orly Airport [ORY/LFPO]の航空機写真

© Sharp Fukudaさん

IATA | ICAO
AH | DAH

搭乗レビュー
人生最悪のフライト 安全に危険を感じたアルジェリア航空 B767-300

航空会社
アルジェリア航空
便名
ビジネス
搭乗日
2001/06
路線
シャルル・ド・ゴール(パリ) → アルジェ
機体記号
7T-VJG
機材
Boeing 767-3D6
総評:1
1ッ星
口コミ投稿者
twinengineさん
投稿日

搭乗写真:搭乗時の写真一般

写真の種類:搭乗時の写真一般
搭乗してまずキャビンに入って驚いたのはあちこちをガムテープで止めてある座席回りと頭上のオーバーヘッドビンのひび割れでした。ビジネスクラスと言えど座席は767のエコノミー仕様の2-3-2の座席でFY仕様の機体に無理にCを作った感じです。オーディオ等も勿論機能せず。
1時間40分のフライトで着陸時の降下率があまりにひどく、このまま墜落するのではという身の危険を感じたフライトでした。
アクセス数:312

この搭乗レビューの写真一覧

  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    当時は(今でも)北アフリカの航空会社はモロッ... 続き

総評

私の人生の中で最も危険を感じたフライトがパリから搭乗したアルジェ行きのアルジェリア航空B767-300でした。当時国内でテロが横行していたアルジェリアへ行くこと自体が相当なリスクでしたが、欧州の航空会社でアルジェへ飛んでいるのは週3便のアリタリアがローマから飛んでいるのみで、タイミングが悪くこの日予... 続きを見る

コメントする

コメントを書くにはログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら

みんなの機内食!

FlyTeamメンバーからの搭乗レビュー 機内食の写真一覧です!

Recommend おすすめコンテンツ

メニューを開く