管制官ストの影響で、予定外のパリ足止め - エールフランス航空 口コミ・評価

航空会社 エールフランス航空

2022年05月20日に撮影されたエールフランス航空の航空機写真

© goshiさん

IATA | ICAO
AF | AFR
アライアンス
スカイチーム

搭乗レビュー
管制官ストの影響で、予定外のパリ足止め

航空会社
エールフランス航空
便名
AF7773
エコノミー
搭乗日
2010/03
路線
ポー → シャルル・ド・ゴール(パリ)
機体記号
F-HBXF
機材
Embraer ERJ-170-100 (ERJ-170STD)
総評4
4ッ星
機内食・ドリンク
3ッ星
座席(シート)
5ッ星
機内スタッフ
4ッ星
エンターティメント
無評価
トイレ・洗面台
無評価
機材コンディション
5ッ星
空港サービス
2ッ星
口コミ投稿者
アクセス数
518
投稿日

搭乗写真

  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    ポーの搭乗ゲート付近で出発を待つ。こ... 続き
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    2日前にこの地へ来たときは、機種がA... 続き
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    スポット脇に止められたトーイングカー... 続き
  • 写真の種類:機内からの眺め
    離陸後、ピレネー山脈を眺めながら巡航... 続き
  • 写真の種類:機内からの眺め
    CDG到着後、リージョナル機エリアの... 続き
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    降機後、順光側の光景も1枚。146も... 続き

総評

ポーから確かCDG、FRA経由で帰国する予定であったその朝、空港に着いてみると何やら不穏な雰囲気。管制官のストの影響で軒並み便に遅れが出ていて、出発便のはっきりした予定時刻が分からない。そのうちはっきりして来たのは、予定していた乗り継ぎで帰国することがほぼ不可能となったこと。幸い、いつも航空便の手配を世話頂いている代理店の営業時間内だったので、変更の相談電話を入れる。結果、2日遅れのLH便でFRA-NGOが確保でき、予定外のパリで足止めとなった。
同行チームメンバーの中には、この足でパリ近郊の関係先へ出向く予定の技術者がおり、それにひっつき虫で同行して加勢することに。表向きは予定が変わって大変な目にあったと装いつつ、内心は初めてのパリ滞在に「大ラッキー」となったのでありました。

コメントする

コメントを書くにはログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら
メニューを開く