懐かしのRB211エンジン搭載のB757で離島へ - コンドル 口コミ・評価

航空会社 コンドル

2022年02月12日に撮影されたコンドルの航空機写真

© NIKEさん

トーマス・クック・グループのレジャー系航空会社。以前はルフト...
ドイツ
IATA | ICAO
DE | CFG

搭乗レビュー
懐かしのRB211エンジン搭載のB757で離島へ

航空会社
コンドル
便名
DE1412
エコノミー
搭乗日
2018/12
路線
ミュンヘン → フエルテベントゥラ
総評3
3ッ星
機内食・ドリンク
無評価
座席(シート)
3ッ星
機内スタッフ
3ッ星
エンターティメント
無評価
トイレ・洗面台
無評価
機材コンディション
4ッ星
空港サービス
3ッ星
口コミ投稿者
アクセス数
229
投稿日

搭乗写真

  • 写真の種類:機内からの眺め
    RW26Lでの解凍作業。溶剤がオレン... 続き
  • 写真の種類:機内からの眺め
    アルプスの山脈が綺麗に見えます。
  • 写真の種類:機内からの眺め
    ピレネー山脈 まだフランスです。
  • 写真の種類:機内からの眺め
    しばらくスポイラーが稼働してゴトゴト... 続き
  • 写真の種類:機内からの眺め
    南からのアプローチ、ベースターン中で... 続き
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
    ミュンヘン出発時のB757さん。細く... 続き

総評

RB211と聞くとトライスターL1011を思い出すます。
クリスマス休暇前の便なのでほぼ満席での運行です。コンドル航空のB757の利用は今回で2回目でミュンヘン空港ターミナル1からの搭乗になります。機齢20歳と耐用年数ギリギリのB757-300型さんは全く古さを感じさせません。コンドル航空独特の前の座面が球形に出っ張っているのは気になりますが、シートピッチは普通です。離陸前にはデアイス処理もされてチョックアウト後20分でテイクオフします。席が進行方向左側だった為、途中アルプスが綺麗に見えました。軽食機内販売もありましたが全てパス。着陸は北風運用で下降中急な高度処理の為かしばらくスポイラーがエクステンドしていました。快晴の島に定刻通り到着。離島もかかわらずターミナルはミュンヘン空港ぐらい広かったです。

Engines 2 x RR RB211-535E4B

コメントする

コメントを書くにはログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら
メニューを開く