海上保安庁 航空フォト・機材(飛行機)・ニュース記事などの情報

政府機関・官公庁 海上保安庁

2023年01月18日に撮影された海上保安庁の航空機写真

© hikoukianaさん

運輸省(現・国土交通省)の外局として1948年5月1日に設置...
日本

海上保安庁 徹底ガイド

海上保安庁に関する航空フォト(写真・画像)、機材(飛行機)・機種、ニュース記事・話題、航空イベントの情報を提供しています。

海上保安庁 ニュース・話題

海上保安庁に関するニュース記事・話題です。

海上保安庁 新着ニュース

海上保安庁 話題・情報カテゴリー

海上保安庁 機種・機材一覧

海上保安庁の機材・機種一覧(全179機)です。 運用中機材 92機、 退役機材 87機 の飛行機が登録されています。

海上保安庁 運用中 機材一覧 (92機)

海上保安庁が運航している全92機の機種別機体数の一覧です。

海上保安庁 航空フォト一覧

現在、海上保安庁の航空フォトは、14,682投稿されています。新着の飛行機写真を6枚紹介しています。

イベント情報

海上保安庁のこれから開催されるイベント情報 1件が登録されています。
  • 2023年05月予定
    • 国内
    • 無料イベント

    「美保基地航空祭 2023」は2022年5〜6月ごろ、鳥取県の航空自衛隊美保基地で開催されます。過去に開催された航空祭は...

海上保安庁 概要

海上保安庁について

運輸省(現・国土交通省)の外局として1948年5月1日に設置。庁旗が初めて掲揚された日にちなみ、同年5月12日が開庁記念日に設定されました。開庁記念日は2000年により親しみと信頼を深めてもらえるよう、「海上保安の日」に変更されました。

海上保安庁は、日本の領海、接続水域、排他的経済水域(EEZ)を中心に平和と安全を守る機関です。日本の領海・排他的経済水域は約447万キロ平方メートルと、国土面積の約12倍あり、船舶だけでなく、航空機を使用し、その任務にあたっています。

使用する航空機は、巡視船に搭載して機動力のある回転翼(ヘリコプター)、現場へ急行する速さも兼ね備える固定翼を保有しています。航空機が所在する基地は羽田航空基地をはじめ各管区ごとの基地が設けられています。

<第一管区>
千歳航空基地
函館航空基地
釧路航空基地
<第二管区>
仙台航空基地
<第三管区>
羽田航空基地
<第四管区>
中部空港海上保安航空基地
<第五管区>
関西空港海上保安航空基地
<第六管区>
広島航空基地
<第七管区>
北九州航空基地
<第八管区>
美保航空基地
<第九管区>
新潟航空基地
<第十管区>
鹿児島航空基地
<第十一管区>
那覇航空基地所属
石垣航空基地所属


海上保安庁 基本情報

名称(英語) Japan Coast Guard
登録 航空機 179機
ホームページ 海上保安庁 Japan Coast Guard 日本語あり

海上保安庁 よくある質問(FAQ)

海上保安庁はどこの国の航空会社ですか?
海上保安庁は、日本の航空会社です。
メニューを開く