航空科学博物館 イベント情報 徹底ガイド

航空科学博物館

このエントリーをはてなブックマークに追加
Webサイト:
航空科学博物館
日本で最初の航空科学博物館として1989年8月1日に開館。恒例のイベントとして春、秋にジャンク市が開催されています。

航空科学博物館の詳細

YS-11試作1号機、アンリ・ファルマン複葉機の実物大レプリカ、DC-8のフライトシミュレータ、ボーイング747の客室の実物大モックアップ、シンガポール航空、ノースウエスト航空などで活躍した747-200型の機首部分が一般公開されています。

■開館時間:10:00~17:00(入場は16:30まで)
■休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合、その翌日)
     12月29日~12月31日
■入館料:大人 500円
     中高生 300円
     子供(4歳以上) 200円

■展示実績のある航空機
JA8611(NAMC YS-11)、JA8628(Mitsubishi MU-2B)、
JA5159(Beechcraft 56)、JA3007(Cessna 195)、
JA5238(Cessna 421B)、JA5151(Cessna 411A)、
JA5258(Fuji FA-300)、JA5074(Aero Commander 680E)、
JA9156(Mitsubishi S-62A)、JA9512(Aerospatiale SA330F)、
JA7990(Kamov Ka-26D)、JA7758(Robinson R22)、
JA3944(Cessna 172P)、JA9298(Hughes 369HS)、
JA3613(American AA-1)、JA3848(Fuji FA-200)、
JA4177(Mooney M20)、JA3440(Beechcraft E33)

航空科学博物館 イベント一覧

イベント(101)をもっと見る

航空科学博物館 ニュース一覧

ニュース(94)をもっと見る

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加