国際観光旅客税、1月7日搭乗分から導入 1回の出国で1,000円徴収 | FlyTeam ニュース

国際観光旅客税、1月7日搭乗分から導入 1回の出国で1,000円徴収

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃

国税庁は2019年1月7日(月)搭乗分から、「国際観光旅客税」を導入します。これは、観光先進国実現に向けた観光基盤の拡充・強化を図ることを目的に、恒久的な財源を確保するために導入されます。

国際観光旅客税の徴収金額は、1回の出国につき1人1,000円で、航空券購入時に航空運賃などとあわせて徴収されます。なお、2歳未満の幼児は非課税となるほか、国際線から国際線への乗り継ぎで、同一の航空券で24時間以内に出発する場合は適用外となります。

詳しくは、国税庁のウェブサイトを参照ください。

期日: 2019/01/07から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加