北海道中央バスの新千歳空港線、さっぽろ雪まつりで一部迂回運行 | FlyTeam ニュース

北海道中央バスの新千歳空港線、さっぽろ雪まつりで一部迂回運行

新千歳空港への連絡バスを運行する北海道中央バスは、2019年1月31日(木)から2月11日(月)まで開催される「第70回さっぽろ雪まつり」での交通規制に伴い、新千歳空港連絡バスの一部で迂回運行を実施します。

2月9日(土)から2月11日(月)までは、10時から22時ごろまで大通会場付近での交通規制により、新千歳空港行きが全32便、空港発では全50便が迂回運行します。この期間、新千歳空港行きでは「ホテルリソルトリニティ札幌」と「ホテルサンルートニュー札幌」には停車できないため、最寄りの「札幌グランドホテル」に停車、「すすきの(南4西3)」は「南4東1」を代替停留所として対応します。空港発札幌行きでは「ホテルリソルトリニティ札幌」には停車せず、最寄りの「札幌グランドホテル」に停車、「札幌ビューホテル大通公園」は「北1西7(第一生命ビル)」を代替停留所として対応します。

1月31日(木)と2月1日(金)、2月4日(月)から2月11日(月)までは、すすきの会場付近の札幌駅前通の一部で車両通行止めとなるため、中島公園発新千歳空港行きで計3便、新千歳空港発中島公園行きで計6便が迂回します。このルートでは、「すすきの」には停車できないため、「南3条すすきの」を代替停留所として利用します。

期日: 2019/01/31 〜 2019/02/11
メニューを開く