拓殖バス、帯広空港連絡バスで現在位置が確認できるシステム導入 | FlyTeam ニュース

拓殖バス、帯広空港連絡バスで現在位置が確認できるシステム導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

北海道拓殖バスは2019年1月31日(木)、空港連絡バスに「バスロケーションシステム」を導入しました。

市内各ホテルの停留所から帯広空港まで利用する場合、「バスロケーションシステム」を利用するとバスの現在位置がわかり、利便性が向上します。午前中に1往復を運行する十勝バス担当便はこのシステムの非対応便です。

利用には、各ホテル停留所のQRコードを読み込み、または北海道拓殖バスのウェブサイトからバス停をクリックすると、帯広空港行バスの現在位置が確認できます。

ただし、機器の不具合や、突発的な車両変更などでバスロケーションシステム上にバスが表示されない場合があるほか、タイムラグが発生する場合があるため、のりばには余裕をもって到着するよう呼びかけています。

期日: 2019/01/31から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加