横田所属機、東富士演習場での空中投下訓練 パラシュートのみ落下 | FlyTeam ニュース

横田所属機、東富士演習場での空中投下訓練 パラシュートのみ落下

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

アメリカ空軍の横田基地所属C-130Jは2019年1月31日(木)10時ごろ、東富士演習場内で物資投下訓練中に、安全性に問題のあるパラシュート落下事案が発生しました。これは、C-130から投下時、抽出用パラシュートは展開されたものの、物資は抽出されなかっもので、緊急時の手順に従い、乗員が抽出用パラシュートを切り離し、物資は機内に安全に留まり、抽出用パラシュートのみが機外に展開しました。

投下されたパラシュートは東富士演習場内で、アメリカ軍が回収しています。また、この事案発生を受け横田基地は、訓練再開前に乗組員と安全審査を実施するため、一時的に物資投下訓練を取り止めています。北関東防衛局長は、第374空輸航空団(374AW)司令官に対し、安全管理と再発防止に万全を期すよう申し入れを実施しています。

横田基地に関する東京都と周辺市町連絡協議会も2月1日(金)、374AW司令官、北関東防衛局長、横田防衛事務所長に安全に関する要請を実施しています。横田所属機では、2018年12月に物資投下訓練中、投下位置のコンピュータへの誤入力から貨物が機体内にロックされ、展開したパラシュートを切り離す事故が発生しており、同様の事故が再び発生したことに遺憾の意を示し、安全確保の更なる徹底、情報を関係自治体に速やかに提供することを申し入れています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加