ドローンに搭載可能なグリーンレーザースキャナ、実用化研究に成功 | FlyTeam ニュース

ドローンに搭載可能なグリーンレーザースキャナ、実用化研究に成功

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

航空測量や空間情報事業を手がけるパスコと、ドローンによる計測サービスなどを手がけるアミューズワンセルフは2019年2月4日(火)、ドローンに搭載可能なグリーンレーザースキャナの実用化研究に成功したと発表しました。

両社は、国土交通省が実施した「革新的河川管理プロジェクト」の「陸上・水中レーザードローン」の開発チームとして、陸上、水中を面的に計測するグリーンレーザースキャナの研究開発を2017年4月から共同で進めてきました。

開発に成功したグリーンレーザースキャナは、国内で初めての、地上と水底を面的に計測可能なドローン搭載型のシステムです。総重量が2.8キログラムのため、積載可能重量が 3キログラム以上のドローンであれば、機種を選ばずに運用が可能となります。

アミューズワンセルフでは、実用化研究に成功したグリーンレーザースキャナについて、更なる軽量化を目指し、製品化を進めます。また、パスコでは、今回の成果を河川域の面的な管理に生かし、河川管理業務の効率化・高度化・高精度化などでの活用に向けた取り組みを行っていきます。

なお、グリーンレーザースキャナの開発レポートは、アミューズワンセルフのウェブサイトで公開しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加